東京の審美歯科でも、歯磨きの指導はしてくれます。それに則って、毎日しっかり歯磨きをしているにもかかわらず、歯にはさまざまな汚れが付着してしまいます。例えば、お茶やコーヒーなどを飲むことによって、茶渋などのステインが付いたり、タバコを吸う人はヤニが付着しやすくなります。

着色汚れは見た目にも悪いですが、それだけではなく歯垢や歯石になったりして、歯肉炎などを引き起こす場合もあるのです。家庭での歯磨きだけでは難しい、着色汚れや歯垢を、審美歯科では専門の機器を使ってティースクリーニングしてくれます。ティースクリーニングであれば、歯ブラシでは除去できない歯周病菌や虫歯菌の、細菌膜を破壊することができます。

東京の審美歯科でおこなわれるティースクリーニングの具体的な手順は、研磨剤を入れてから、デンタルフロスなどで歯間を磨きます。カップで歯の表面と歯ぐきの間を研磨し、奥歯の溝は山型ブラシなどで汚れを落とします。グリーニング後には、フッ素を塗ります。歯を強くし、虫歯や歯周病などから守るために欠かせないプロセスです。

プロの手によるティースクリーニングは、歯垢の固まった歯石も除去してくれますので、歯がとてもきれいになります。できることなら、東京などの審美歯科に通って、一、二ヶ月の間に、メンテナンスを兼ねて一度くらいは施術を受けたいものです。

白く美しい歯は、明るい笑顔の基本とも言えます。毎日の生活が心地良く、楽しい気分で過ごすことができるようになりますので、積極的にティースクリーニングを受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です