マイクロスコープというのは、口の中にある虫歯や歯周病などの患部を4倍から20倍くらいまで拡大して見られる装置のことです。この機械を使用することで、それだけ精密な治療をすることが可能になります。しかし、すべての歯科医院にこの機会が設置されているわけではありません。マイクロスコープの台数は、およそ20軒の歯科医院に対して1台程度だとされています。東京には、審美歯科や美容歯科などを含めて多くの歯科医院があります。

それだけ、マイクロスコープを設置している歯科医院もたくさんあることになります。この機械を使用した歯科治療は、本来であれば保険適用の範囲外となっています。そのため、自費による支払いをしなくてはいけません。

しかし、東京にある歯科医院の中には、保険治療の範囲内でもマイクロスコープを使用してくれる場合があります。保険治療の範囲内であっても、この機械を使用すれば、口の中の見えにくい部分がよく見えるようになるため、その分精確に治療を行えることになります。そのため、虫歯が治った後に再発などがしにくくなるのです。

もし、東京でマイクロスコープによる歯科治療を受けたいのであれば、それぞれの歯科医院にこの機械が設置されているかどうかを確かめてみると良いでしょう。中には、ホームページなどでこの機械が設置されていることを広告している歯科医院もあります。また、保険治療の範囲内で使用してくれるかどうかも確かめておけば、それだけ治療の選択肢も増えることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *