• ガスコンロを購入する時に気を付けること

    • 初めてひとり暮らしをするようになった人の中には、料理に興味がなかったりして、ガスコンロについてほとんど知らない人もいるでしょう。

      調理器具などは家の中にあたり前にある物ということで、特別な関心を持っていなかった人もいるかもしれません。

      このガスコンロには大きく分けて2種類あります。
      それはプロパンガス用の物と、都市ガス用の物です。
      これから引越しをする人は、必ずコンロの種類はチェックする必要があります。何度か引越しをしている人の中には、自分が持っているガスコンロや調理器具の種類に合わせて引越し先を選ぶ人が多いです。ただし、このコンロそのものは2万円前後から購入できます。


      初期費用がかかっても、ランニングコストが安いほうを選ぶほうがよいです。

      長く住めば住むほど、ランニングコストが違ってきます。


      一般的にプロパンガスのほうが高くつきます。

      料理をたくさんする人や、家族が多いとか、よく食べる人が多い場合、コンロを使う時間はどうしても長くなってしまいます。


      ガス料金が高くなってしまうということになります。
      ですから、都市ガスのほうがオススメではあります。


      次に、ガスコンロを購入する時に、知らないと失敗してしまうことなのですが、コンロには火口が2つある場合、どちらかひとつが火力が強くなっています。

      この強い火口のほうを壁側にはならないようにしないといけません。

      たいていのキッチンはコンロの横が壁になっていますが、コンロを置く場所の左側に壁があれば、左側に火力の強い火口がある物を購入してはいけません。
      ショップの人に在庫を出してもらう場合は、壁がどちら側にあるか聞いてもらえることも多いですし、ネットでもわかりやすく書いてあります。

      そのよう場所で購入する場合は、何も知らなくても購入前に気がつける可能性は高いでしょう。


      しかし、量販店やリサイクルショップなどで購入する場合は、そのことに気がつかないで購入してしまうこともあるでしょうから、気を付けてほしいです。なお、壁側に大きな火口があるコンロを買ってしまったけれど、面倒だからそのまま使おうと思ってしまう人もいるかもしれません。


      けれど、これはやめましょう。

      壁を焦がしてしまうことがあります。

      小さい加工で長く煮物をしていても、壁が少しずつ黒くなっていったりします。それなのに、大きな火口が壁側にあれば、わりと簡単に壁を焦がしてしまいます。


      焦がさないように、中火以下で使おうと考えるかもしれませんが、それではコンロの性能を生かせなくて、とてももったいないです。

      強い火力で料理をしたほうがおいしく作れる中華料理などを、壁があるためにおいしく作れないのは、あまりにも残念です。
      コンロを購入する前にはこの2点に関して間違いがないかをしっかりとチェックしましょう。
      そして、間違ったコンロを買ってしまった場合は必ず交換してきましょう。

      安全で快適な生活ができます。
      あとは定期的にガスコンロは掃除しましょう。コンロの頑固な汚れは落としにくいです。
      また不衛生になりやすいです。


      是非、汚れる前にお掃除しましょう。

















  • 関連リンク

    • ご自宅で取り入れられる防犯グッズ

      最近では防犯への意識が高まって、個々に防犯グッズを取り入れるご家庭も増えています。住宅用の防犯グッズの中ですぐにでも取り入れることができるのは防犯ステッカーです。...

    • ハンマードリルの利用について

      ハンマードリルという単語に馴染みの無い方も多いのではないでしょうか。ホームセンターなどでは電動工具売り場に鎮座しているこの商品は、利用用途としてコンクリートなどを砕く際に利用するものです。...