• 給湯器の工事費用の価格

    • 給湯器は使用年月や設置場所によって寿命が異なります。まずリモコンでエラーコードが表示されたら、最初に取扱い説明書に記載してある点検を個人で行うことが必要です。個人で点検しても原因が判明しない場合は専門業者に点検を依頼する事になります。

      点検を依頼する場合はなるべく地域で有名な施工業者に依頼すると、他社では修理できない場合でも多くの修理に携わってきた経験があるので、修理が可能な場合もあります。
      なお点検時に部品の交換代や出張費用が発生する場合がありますので、予め金額を聞いておくと良いです。点検しても給湯器の交換した場合が良い場合は施工業者から相談されることもあるので、交換工事を検討することになります。

      交換する場合はインターネットから見積もりを出して貰い交換の依頼をすると、工事費や出張費が不要になる場合は保証期間がメーカーの期間より延びることもあります。インターネットで見積もりを依頼する場合は現在使用している型番の画像を添付することが多くなりますので、スマートフォンなので数枚を撮影しておくと便利です。


      給湯器はメーカーの場合は表示価格はメーカーが定めた小売り価格となっており、価格は実際に工事してもらう場合とは金額が異なる場合があります。大きい施工業者は月に200件前後の設置や交換作業を行っており、メーカーから安く商品を仕入れる事が可能になっているので、交換する場合はメーカー価格より半額ぐらいで設置する事が出来ます。

      工事費に関してはメーカーに依頼しても施工業者に依頼しても、金額は4万円程度が相場になっています。内訳には出張費や交換費用に部品の調整料と、前の商品の廃棄費用も含まれています。
      見積もりを電話で依頼する場合は相手の説明の仕方や接遇態度もポイントになります。

      給湯器の代金を把握していない場合は見積もり自体が成立しないので、その業者に依頼しても見積額と実際の料金では違う場合があるので注意が必要です。
      また見積もりから給湯器の交換工事を行った後のアフターケアも、その施工業者一貫して保証期間内は行って貰えることが理想となります。
      大きい施工業者ではメーカー品の特徴などに知識があるので、自分ではわからないエラーなどでも即日で対応して貰える事が出来ます。但し、施工業者にも仕事が行える範囲を定めている場合もあるので、安くて口コミが良い業者でもエリア外であれば、ご自身の住むエリア内にある大きい施工会社に依頼する事になります。

      施工会社にも緊急時に即時に動ける事も理念にあるので、この部分は仕方ないです。


      全国展開を行っている施工会社もありますので、見積もりを依頼する場合は全国展開している施工業者にも依頼しておくと便利です。なお施工業者によっては交換までは代理の商品を無料でレンタルして頂けるので、その期間を寒く過ごす事はありません。


      この場合はもう施工業者と契約済みであることが条件となっています。

















  • 関連リンク

    • ガスコンロとIHクッキングヒーター

      少し前まではIHクッキングヒーターとなると専用のフライパンや鍋などが必要でしたが、近年では対応したフライパンや鍋も増えていますし、銅やアルミでも可能なIHクッキングヒーターも登場しています。IHクッキングヒーターは磁力線により熱しています。...

    • ハンマードリルの利用について

      ハンマードリルという単語に馴染みの無い方も多いのではないでしょうか。ホームセンターなどでは電動工具売り場に鎮座しているこの商品は、利用用途としてコンクリートなどを砕く際に利用するものです。...