• 配管の維持に役立つスケール除去剤

    • スケール除去剤は、配管の詰まりの原因となる、スケールを取り除くことが出来る薬品です。



      スケールとは主に、水分に含まれるミネラル分を始めとして、無機塩類系の化合物のことをいいます。

      また、スケール自体は非常に硬く、一度蓄積が始まると次々に固着するので、なるべく早く、効果的に対処する必要があります。



      スケール除去剤はまさに、無機塩類化合物の除去が考えられ、有効な成分で構成されている薬品だといえます。



      問題を放置すると、配管は使い続ける間に、スケールが重なり合って内部を狭めます。

      これは、製造工場等では効率のロスとなりますし、更に状態が悪化すると故障に繋がるので、スケール対策が必要不可欠です。

      一方では家庭でも、配管が詰まって水が流れない、あるいは他の部分から溢れる、そういったトラブルの発展に結び付きます。



      一般のスケール除去剤は、配管ではなく、ガラスの鏡や浴室の床に使う、といった用途で開発されています。
      このような製品は、ガラスに付着する鱗状の汚れであったり、床で黒ずむ汚れの除去に最適です。



      スケールは、アルカリ性の成分が主体なので、中性やアルカリ洗剤では取り除けません。つまり、スケール除去剤は酸性のタイプが主流で、手に付くと肌が荒れたり、金属を腐食させる可能性があることを意味します。

      しかし、一般用は安全性が重視されていますから、付着しても問題になることは少なく、良く洗い流せば大丈夫です。

      逆に、工場等で使われていたり、配管用に開発されているスケール除去剤は、強力故に使用上の注意が必要です。成分的に強力な程、付着する対象への影響が大きいので、十分に安全性を確保してから、作業を始めることがおすすめです。スケール対策を始める切っ掛けは、水道の出が悪くなったと感じたり、水に白っぽい物が浮かぶ、このようなケースが挙げられます。

      https://matome.naver.jp/odai/2144893908003762301

      他にも、ガス給湯器の火の付きが悪く、急に止まって何度も付け直したり、安定しない場合もあてはまります。


      給水側、またはガス給湯器で、スケール由来の問題が起きていれば、排水管にも問題が生じている恐れがあります。


      問題が表面化していないだけ、という可能性がありますから、対処を考えるのであれば、給排水管を総合的にチェックすることがポイントです。
      スケールの除去には、物理的に削り落とす方法と、薬品で溶かして詰まりを解消する方法があります。


      前者は、事前の準備と作業が大掛かりになりますし、急に詰まりが発生すると難しいので、反対に計画性が重視されるでしょう。


      急な問題にも対処しやすく、個人でも対応が出来るのは、薬品を使った後者のやり方です。

      成分的には、クエン酸程度の酸性溶液でも、スケールを溶かすことは可能です。


      ただ、酸性力を維持したり、効果を保つのは難しいので、詰まりの解消に時間が掛かる欠点があります。

      https://4meee.com/articles/view/160769

      水の流れが悪い、そう思った場合は、市販されている専用の薬品を選ぶと、効果的に対処することが出来ます。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8111815.html

      長期的に放置を行うと、配管どころか繋がっている機械も傷みますし、対処の費用が増加するので、早めの対処を心掛けることが大切です。

  • 関連リンク

    • ガスコンロのお手入れなど

      ガスコンロはどこの家庭にもあり、誰でも一回は使ったことがあるものだと思います。毎日のように使い物なので、当然汚れてきたり汚くなってきます。...

    • 配管の維持に役立つスケール除去剤

      スケール除去剤は、配管の詰まりの原因となる、スケールを取り除くことが出来る薬品です。スケールとは主に、水分に含まれるミネラル分を始めとして、無機塩類系の化合物のことをいいます。...