• ガスコンロのお手入れなど

    • ガスコンロはどこの家庭にもあり、誰でも一回は使ったことがあるものだと思います。

      毎日のように使い物なので、当然汚れてきたり汚くなってきます。
      そんな時にどうすればいいのかを、まだ汚れる前から知っておいた方がいいです。

      汚れる前に、日頃からコンロのお手入れをいておけば、汚れが目立たなくなったり汚れにくくなったりします。


      汚さないためにはまず、使用する時間をなるべく減らすことがいいです。

      最近は電気料金が値上がりしたりしているので、なるべく使用する時間を減らした方が得です。



      節約には、火力や鍋やフライパンなどの調理器具がいろいろ関係してきます。いろいろ考え始める前に自分の家庭の火力や鍋の大きさなどを知るようにします。
      フライパンや鍋の大きさ、必要以上に火力を出さないようにします。

      鍋の底から火がはみ出るくらいの強さで火をだすと、熱が周りの方へ逃げてしまって、熱の効率がとても悪くなってしまいます。



      強火ですぐに使いたい場合でもフライパンや鍋などからはなるべくはみ出さない程度の火力にして、鍋底の大きさに合わせて、火力を変えてみるといいです。


      お手入れの方法は軽い汚れだったら、洗剤をブラシやスポンジにつけてこすります。



      他にも、古い歯ブラシやスチールたわしなどの道具も使ってみるといいです。



      さらにバーナーや点火つまみなどの細かい部分は、ワイヤーブラシや濡れた布や雑巾、ティッシュペーパーなどを使うといいです。



      魚を焼いたりするグリルなどは、使った後に毎回毎回水洗いをします。

      どれだけ汚れを拭いたり、掃除しておいてもだんだん汚くなってくるものです。

      そんな時は、今まで使ったことがない洗剤に変えてみたり、古いスポンジから新しいスポンジに変えてみたりしていろいろな工夫をしてみた方がいいです。
      汚れといってもいろいろな汚れがあるので、汚れの種類に応じて使うものも変えていったほうがいいです。

      ガスコンロを使う時に注意しなければいけないことがあります。コントと壁と間を開けたり、コンロの周りにものを置かないなどです。他にも、グリルの通気口を塞がないことなども注意しなければいけないです。
      ガスコンロのお手入れを十分に行なっていても、結局は毎日使っていくと汚れが出てきます。


      自分で綺麗にできる範囲だったら綺麗にすればいいのですが、どうしてもなかなか汚れが落ちずに気になっているところがあれば、業者に依頼することもできます。

      https://4meee.com/articles/view/530786

      一番家庭のガスコンロをよく知っていて詳しいのは、そのコンロを買ったお店なのですが、綺麗にするだけでしたらわざわざお店に連絡しなくても、インターネットなどを通じて手入れの依頼をすることができます。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/380325/

      家まで直接来てもらって、専門の道具があるので綺麗にしてもらえます。

      https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7226648.html

      毎日のように使うものなので、少しでも汚れが気になり始めたら、すぐに大きな汚れになっていくので注意が必要です。
      そして、汚れる前にお手入れをしておいた方がいいです。

  • 関連リンク

    • 空中超音波の発生方法

      空中超音波センサは、超音波を空中に放射して、物体からの反射波を受信して、物体の有無や物体までの距離を計測するもので、透明な物体でも超音波なら反射するため、光では検知することができないものにも、応用することが可能です。超音波とは、16kHz〜1GHzの音響周波数のことで、人間の耳には聞こえない音とされ、聞くことを目的としない音という定義があります。...

    • ご自宅で取り入れられる防犯グッズ

      最近では防犯への意識が高まって、個々に防犯グッズを取り入れるご家庭も増えています。住宅用の防犯グッズの中ですぐにでも取り入れることができるのは防犯ステッカーです。...